酔いどれ男マイケルオズの「ひとり旅で一人酒」

ひとり旅やタウン散策に出かけては各地の酒場を飲み歩いている酔いどれ男「マイケルオズ」が、東京、大阪などを中心に全国各地で訪れた居酒屋、立ち飲み屋、大衆酒場などの探訪コラムを紹介しています。

タグ:日向市

酔いどれ男のさま酔い飲み歩記~第34回「日向市の美味いものと愉快な酒場」を公開しました。



★今回紹介している酒場

・日之影温泉駅日帰り温泉

※公式サイト


・日向市「いこいの里」※残念ながら閉店しました

・日向市「焼酎道場」※残念ながら閉店しました

※掲載コラム



★酒場探訪リスト(旧ホームページ掲載分)


★宮崎県の宿泊予約はじゃらんで


★宣伝です!「第二の人生」をどう生きればよいかお悩みの方。
 私の経験をもとにアドバイスいたします。ぜひ読んでみてください!


このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅先で酒を飲もうというとき、お店選びというのは重要なポイントになります。今でこそ食べログなどで情報を入手できるようになりましたが、以前は地方都市に泊まった場合、酒場の情報をまったくないというケースも少なくありませんでした。

 宮崎県中部の日向市もそんなまちでした。幸い一軒目の店は日向地鶏を食べさせてくれる家庭料理店に入ることができ、それなりに満足しながら次の店を物色しました。ほろ酔いの私の目に「焼酎道場」の文字が飛び込んできたので、吸い込まれるように入っていったのです。

そこは、地元の人たちでにぎわう一杯飲み屋ですが、一風変わったお店でした。芋焼酎のお湯割りをコップ酒で頼み、それをちびちび飲んでいたのですが、突き出しもなければ料理の注文も一向に取ろうとしません。今思えばメニューらしきものもなく、壁に品書きが張ってあっただけでした。

それでも隣り合わせた地元のおっちゃんや水商売風の女性と四方山話に花を咲かせるようになると、もはや料理などどうでもよくなってしまい、とうとうコップ酒二杯だけ飲んでご機嫌で店を出たのでありました(笑)(2002年10月)

syoucyudouzyou(hyuuga)

〇ホームページ版「ひとり旅で一人酒」のコラム「酒仙もどきの面白秘話」より転載しました。
〇「応援します!名物酒場」シリーズは、新型コロナウイルス感染拡大のため、しばらくお休みします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ