酔いどれ男マイケルオズの「ひとり旅で一人酒」

ひとり旅やタウン散策に出かけては各地の酒場を飲み歩いている酔いどれ男「マイケルオズ」が、東京、大阪などを中心に全国各地で訪れた居酒屋、立ち飲み屋、大衆酒場などの探訪コラムを紹介しています。

カテゴリ: 応援します!名物酒場

dainihouraiya
新宿駅西口からすぐのところにある思い出横丁は、小さな酒場が軒を連ねるディープゾーンであり、どこか昭和の面影を漂わせる酒場街でもあります。コロナ前、何度も足を運んだ横丁も今はどうなっているのか気がかりです。

そのうちの1軒、「第二宝来家」を改めてご紹介します。思い出横丁の小路ではなく、JR側に位置する店で、昭和22年創業の老舗。思い出横丁で初めてもつ焼きを売り出した店という宣伝文句で、多くの酔客を呼び込んでいます。

店の名物の一つが「コブクロ刺し」で、来店すると毎回、これを注文しています。子牛のコブクロ(子宮)を湯引きしただけのシンプルな一品ですが、カラシを付けていただくと、さっぱりした味わいが酎ハイによく合います。

創業時の雰囲気、すなわち昭和の酒場っぽい感じをそのまま残しており、とても居心地がいい店です。酒場放浪記の吉田類さんはじめ、有名人も多く来店していますが、やっぱり店を支えているのは馴染みのご常連さんたちだと思います。

以前の紹介ブログ

宝来家のサイトです


飲食店のご予約は食べログで


このエントリーをはてなブックマークに追加

matubashinoosaka
「応援します!名物酒場」シリーズ、約1年半ぶりの更新となります。その第1弾として、大阪方面への飲み歩きで、ほぼ毎回締めくくりに立ち寄っている酒場「串かつ松葉新大阪店」のご紹介です。

串かつ松葉は新梅田食堂街に総本店がある老舗で、私が大阪の串カツに最初にハマった店でもあります。カウンターの目の前にあるタッパーには、常に揚げたての串が盛られており、串を手にして「二度漬け禁止」のソースにどっぷり漬け、かぶりつく醍醐味はたまりません。

その松葉が、新大阪駅構内の駅マルシェに出店したと聞き、もしやテイクアウト専門かと思ったのですが、総本店と同じく立ち飲みスペースが設けられていたので嬉しくなりました。もちろん、揚げたてを盛るスタイルも、メニューも変わりなかったわけです。

新大阪駅ですので、新幹線を利用する私にとっては非常に便利。乗車待ちのわずかな時間でも「ビールをグイッと飲んで、サクッと食べられる気軽さ」がたまりません。私は利用したことがありませんが、テイクアウトメニューも用意してあり、買って帰るお客さんも多いです。

イチオシメニューは「若鶏」で、これは串に刺してなく、骨の部分を持ってかぶりつきます。ほかにも定番の牛串や関西圏ではお馴染みの紅ショウガなど豊富。少し冷めた串を温め直してもらってもよし、揚げたてをサッと手にしていただくのもよし。あ~食べたくなったな!

以前の紹介ブログ

★串かつ松葉新大阪店のサイトです


★飲食店へは食べログでご予約してからお出かけください


このエントリーをはてなブックマークに追加

kamiyabar
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

東京浅草といえば、雷門や浅草寺に代表される国内有数の観光地で、昨年までは外国人観光客ばかり目立っていたところです。今は、新型コロナウイルスですっかり様変わりしたのでしょうか?

地下鉄の浅草駅近くで、昔も今も変わらない名酒場といえば「神谷バー」。テーブル席がずらりと並び、ワイワイとにぎやかな雰囲気に浸れば、一人で飲んでいても楽しいです。

名物はデンキブラン。少し甘みのあるカクテルですが、度数が高いので侮れません。チェイサーを一緒に頼むのが一般的ですが、ツウはチェイサー代わりに生ビールを合わせるとか(笑)

私が神谷バーを訪れてから10年ちょっと経ってしまいました。サイトを見る限り、店内は変わっていないような感じです。コロナが収まれば、あのワイワイ感を味わうために訪れてみたいですね。

以前の紹介ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

monya
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

大坂の中でもひときわディープゾーンとして有名な西成区あいりん地区。最近は少し様変わりしたとも聞きますが、萩之茶屋商店街にはたくさんの酒場が居並んでいます。

その中でも比較的入りやすい立ち飲み店が「もん家」です。周辺のディープさとは異なり、明るくオープンな感じの店内ですが、界隈にふさわしく競馬中継を放送していたりします(笑)

新鮮な魚料理などボードにお勧めが書かれており、そこから注文するのがベスト。一品注文して、日本酒でも飲みながら、雰囲気にまったりと浸かるのが一人酒の楽しみ方です。

「酒のもりた」があった頃には何度も足を運んだ萩之茶屋ですが、しばらくご無沙汰しています。次の来訪時にも、やはり「もん家」での一杯は欠かせないでしょうね(笑)

以前の紹介ブログ

「もん家」さんの食べログページです

このエントリーをはてなブックマークに追加

karuchan
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

東京大田区の蒲田は、JR蒲田駅の西口、東口、京急蒲田駅周辺と複数の飲み屋ゾーンがあり、飲み歩き道楽には最高のところ。私が初めて立ち飲みを経験した地でもあります。

東口から徒歩5分の立ち飲み「かるちゃん」は、全面ガラス張りで中の様子が分かり、比較的入りやすい店です。店内はカウンターがずらりと並び、お客さんは外に背を向けています。

いかにも昭和酒場っぽい感じですし、家族経営のアットホームな雰囲気。若い人から年配の方まで客層も幅広く、常連さんも多そうでワイワイと楽しく飲んでいます。

2018年に12年ぶりに来訪しましたが、雰囲気は全然変わりません(笑) 一人酒であっても、ウナギの肝焼きなどを食べながら、にぎやかな酒場にどっぷり浸かるのは心地よいですね。

以前の紹介ブログ

「かるちゃん」さんの食べログページです

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ