マイケルオズの「ひとり旅で一人酒」

ひとり旅やタウン散策に出かけては各地の酒場を飲み歩いている酔いどれ男「マイケルオズ」が、東京、大阪などを中心に全国各地で訪れた居酒屋、立ち飲み屋、大衆酒場などの探訪コラムを紹介しています。

カテゴリ: 長野、山梨、名古屋の酒場

saketuya2
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

名古屋市内の地下街でも指折りの賑わいがある栄地下街ですが、酒飲みスポットは多くありません。その中で、エリア内では唯一とも言える大衆酒場兼大衆食堂があります。

「酒津屋」の屋号で、地下街に中店と東店の2軒を構えており、それぞれ店内はさほど広くありませんが、食事に、一杯にと、目的を持ったお客さんが次々と訪れています。

おつまみに手ごろな料理が揃っていますが、味噌カツ、どて煮、えびふりゃー(エビフライ)など、名古屋めしも充実。これらを肴に、昼下がりに一杯やるのはたまりません(笑)

東京や大阪に比べると、名古屋には大衆酒場や立ち飲みは決して多くありません。ですが、「酒津屋」のような気さくな店が探せばあると思います。早く、再来訪したいですね。

酒津屋中店の食べログページです
酒津屋東店の食べログページです

このエントリーをはてなブックマークに追加

kabukimon2
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

新型コロナウイルスの影響で旅行はおろか、近隣ですら酒場に足を踏み入れることが出来ません。松本市もかなりご無沙汰ですが、今回は松本駅近くの居酒屋「傾奇者」を紹介します。

この店は小さなビルの2階にあり、見た目の雰囲気としては居酒屋というよりもバーのような感じ。カウンター席もショットバー仕様になっており、隠れ家的なイメージです。

大将と女将さんが切り盛りしており、その日のおすすめメニューがボードに書かれています。新鮮な魚類や大将の創作料理などが並び、どれも美味しそうです。

屋号の「傾奇者」は、戦国好きの対象が前田慶次郎の異名から取ったといいます。ハイボールにも「信長」「家康」と名付けられているこだわり。早く再来訪したいなあ~(笑)

以前の紹介ブログ

関連ランキング:居酒屋 | 松本駅西松本駅北松本駅

このエントリーをはてなブックマークに追加

kusabue2
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

甲府市のオリンピック通りという小路にある酒場「くさ笛」は、吉田類さんの酒場放浪記でも紹介された店で、気さくな女将さんが切り盛りしている人情酒場です。

私が初めて訪れたのは18年ほど前になります。当時は全く予備知識もなく、店構えの雰囲気に誘われてふらりと立ち寄ったのですが、一見の私も温かく迎えていただきました。

まだ飲み歩きを本格的にやっていなかった頃でしたが、「知らない酒場でも楽しく飲める」という経験ができ、同時に「自分の直観の確かさ」に自信を持ったものでした(笑)

「くさ笛」では、女将自らが採ってくるという山菜やキノコをはじめ、山梨の郷土料理から惣菜まで手料理が味わえます。2013年以来となる3度目の来訪をぜひ実現したいものです。

くさ笛さんのホームページです

以前の紹介ブログ

関連ランキング:居酒屋 | 金手駅甲府駅

このエントリーをはてなブックマークに追加

nagai2
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

長野県内で飲食店の多い長野市や松本市は、身近な飲み歩きが出来るエリアなのですが、同じ長野県内にもかかわらず、新型コロナウイルスの影響で足を踏み入れることができません。

長野駅から歩いて数分のところあり、繁華街からは離れてはいますが、名店としてイチオシしたいのが居酒屋「ながい」。日本酒と旬の肴を楽しめる心地よい酒場で、何度かおじゃましました。

「錦小路のみまろ」を自称するオヤジさんは、日本酒の蘊蓄もたっぷりで、肴にもこだわっています。ややもすると、話がはずんでしまい、注文するタイミングがつかめないことも(笑)

お店やオヤジさんの個性も含めて、じっくり腰を落ち着けて飲む酒場。今流に言うならスローフードの店です。ホームページも更新され、お元気で営業されていて一安心しています。

居酒屋ながいさんのホームページです

以前の紹介ブログです

関連ランキング:居酒屋 | 市役所前駅長野駅(長野電鉄)長野駅(JR・しなの)

このエントリーをはてなブックマークに追加

daijin2
以前紹介したお気に入り酒場を再度ご案内する「応援します!名物酒場」シリーズです。

今回は名古屋市伏見にある大衆酒場「大甚本店」を改めてご紹介します。私が言うまでもなく、多くの左党から「名古屋で一番の名酒場」と親しまれている店で、いつも酔客で賑わっています。

私が訪れたのは2015年でした。カウンター席はなく、テーブルに相席で飲むのが当たり前。だからと言って、一人酒に合わないというわけではなく、すぐに店の雰囲気に馴染めます。

当時は厨房付近に小鉢もの、ガラスケースに刺身などが置いてあり、好きな肴を選べました。近くに店員さんがいて、「ぬた」を選べば間髪入れずに酢味噌をかけてくれる、という手際の良さです。

昨年の飲み歩きでも本店に立ち寄ろうとしたのですが、残念ながら閉店時間になっていました。新型コロナの影響で、近いはずの名古屋が今は非常に遠くなっています。再訪したいです~。

以前の紹介ブログです

関連ランキング:居酒屋 | 伏見駅丸の内駅大須観音駅

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ