マイケルオズの「ひとり旅で一人酒」

ひとり旅やタウン散策に出かけては各地の酒場を飲み歩いている酔いどれ男「マイケルオズ」が、東京、大阪などを中心に全国各地で訪れた居酒屋、立ち飲み屋、大衆酒場などの探訪コラムを紹介しています。

2019年09月

murayakuba

 巣鴨はとげぬき地蔵の参道沿い商店街が「おばあちゃんの原宿」などと言われていますが、商店街から外れていてもところどころに飲み屋さんがあり、昼飲みもできます。そんな中でふと見かけたのが「村役場」という屋号でした。

 まず屋号と「やってるよ」という看板に惹かれましたね(笑)。そして地下に降りていくという場所柄もよかったのではないでしょうか。店内は居酒屋でもあり、定食屋でもあるというちょっと不思議な雰囲気を感じました。

 ランチメニューもやっていましたが、ほとんどのお客さんは居酒屋使いで一杯飲んでいます。私も日本酒とあん肝などを頂戴し、この日の昼酒をスタート。外が見えないので、昼か夜かわからなくなる中でまったりと飲ませてもらいました。

2018年 1月来訪  注文>日本酒、アンキモ

関連ランキング:居酒屋 | 巣鴨駅駒込駅千石駅

このエントリーをはてなブックマークに追加

この週末、北陸の旅を満喫してきました。

6日夜は高岡に宿泊し、軽く一杯のつもりでしたが、
居心地のいい店に入ってしまい、ついつい飲みすぎ(笑)。

7日夜は金沢の片町に宿を取り、近くの飲み屋街へ。
昭和の雰囲気ただよう小ぢんまりした酒場がずらり。
その中の何軒かに足を運ばせてもらいました。
完全なご常連酒場ばっかりだったのですが、
一見の私も歓迎していただき、楽しく飲ませてもらいました。

そして8日は昼酒。金沢のひがし茶屋街で飲み比べ、
さらに近江町市場でビールと串や刺身など海の幸満喫。
かなり飲みすぎた感じでヘロヘロと帰ってきました(笑)。

この期間の酒場情報(リスト)は、
ホームページ版「ひとり旅で一人酒」にある
酒場探訪リストをご覧下さい。
(リストにダイレクトリンクしています)

なお、来訪酒場はいずれ紹介したいと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加

asatte

 名古屋市内で飲み屋街を探すなら、ここを外してはいけないというエリアがあります。名古屋駅から地下鉄で1駅の伏見にある伏見地下街です。夜になると酒場天国になる嬉しいエリアです。

 その中の一軒がご紹介する和食立呑「明後日(あさって)」です。日本酒をメインにしており、3種飲み比べ+小鉢もの3点盛りが、まさにチョイ飲みを求める呑んべーの心を揺さぶってくれます。

 銘柄は店主が選びぬいたものばかりで、コンパクトな店内には日本酒をじっくりと飲み比べる人たちばかり。アットホームな雰囲気で、ひょっとするとチョイ飲みでは済まなくなるかもしれませんね(笑)。

2019年 7月来訪  注文>日本酒、おつまみセット

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 伏見駅丸の内駅栄駅(名古屋)

ホームページ版でも新しい記事として紹介しています
http://www.tabi-douraku.com/hitorizake/index.htm

たまには家飲みもいいんじゃないですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ